腰痛、腰を曲げると腰骨の直上が痛む。呼吸ができないほど痛むときも。

テツ30代後半 介護職員
腰痛、腰を曲げると腰骨の直上が痛む。呼吸ができないほど痛むときも。
介護職は腰を曲げてする仕事が多いため、腰の筋肉(背筋)が緊張しっぱなしになりやすい。その状態で無理な動きをすると腰を痛めてしまう。ひどい場合には足が痺れたたり、大きな歩幅で歩くことも困難になる。時々腰に電気が走るような痛みで呼吸ができないようになることもある。軽い場合は違和感があるぐらいで済むことも。
軽く腰をストレッチしたり、回したりするが気休め程度しか改善しない。個人的には腰に強い痛みが出る前に、横になって寝ること。できれば横向きで膝を抱えるように丸くなって寝る。それも日ごろの睡眠時間より1.5倍ほど長めに。シップ(ロキソニンシップ)を張って寝ると、さらに効果がでた。そのあと、痛みが大分改善したら、「もう大丈夫」と思って仕事をすると、1週間ほどで気にならなくなる。ちなみに、寝具(敷布団)は重要なファクターで、硬すぎず柔らかすぎない自分にあったものが必須。以前は固い布団で寝れば寝るほど腰を痛めていた。
今まで何度も腰を痛めたが、特に病院に行くこともなく、1週間~2週間ほどで気にならなくなる。費用はシップ代金のみ。腰痛防止のためのコルセットや日常的な体操など予防はしていない。腰を痛めた経験が何度もあるので、そろそろやばい時が経験的に解かる。その際は自己流の改善方法(基本長時間寝る)を早めに実行する。 

1日62円から始められる!市販薬での関節痛の治療!
初回大幅割引の関節痛の薬はコチラ!⇒関節痛の薬ランキング!

2017年2月8日 腰痛、腰を曲げると腰骨の直上が痛む。呼吸ができないほど痛むときも。 はコメントを受け付けていません。 腰の痛み