両方の肘と両手の指がピリピリ痛み時々むくんだ感じがする。

まどか40代前半 パート
両方の肘と両手の指がピリピリ痛み時々むくんだ感じがする。
朝起きた時に中指と薬指を中心としてむくんだ感じがありうまく指が曲がらない。曲げているうちに今度は指先からピリピリした電気が走るような神経の痛みが出てきて物をつかむのが辛い。指に力が入らないので腕全体に力が入ってしまうと力を入れた時に肘がしびれるような痛みが出てきてしまう。若干左手に多く出るがほぼ両手に均等に出る場合が多い。
急性の痛みを抑える対策として、冷シップを貼ったりテーピング巻いたりして痛みを抑えたり痛み止めの内服でロキソニンを服用している。通院の内服では整形外科で処方されたビタミンB12のメチコバールを1日3回服用している。食生活ではお菓子を減らし野菜を多く摂取するよう心掛けている。その他にはお風呂でゆっくり温まるようにしている。
気休めもありシップとテーピングをすると痛みは治まるが、翌日の朝に痛むことが多い。内服よりも外用の方が身体の負担もなく効き目もあるように感じる。通院は整形外科へ月に1度の通院をして経過観察中5か月目だが、暫くしても改善がない場合は処置を変えてもらおうと思う。市販薬と通院で毎月約5000円~8000円程度はかかっている。レントゲンなどを撮ると一万円を超えてしまう。 

1日62円から始められる!市販薬での関節痛の治療!
初回大幅割引の関節痛の薬はコチラ!⇒関節痛の薬ランキング!

肘がスポーツをしていたので痛み、利き手が非常に強い痛みを持ちます

K・I20代 学生
肘がスポーツをしていたので痛み、利き手が非常に強い痛みを持ちます
10代の頃に野球をしていたので、そこで強く肘に負担を掛けて行ってしまうような使い方をしていました。私自身では、特に気がつきませんでしたが、とても不自然なフォームでも修正する人がいなかったため、おかしな感じで練習などをしていたので長引くそれを持つようになりました。今でも腕立てをすると、変な音がなって、かなり気をつけて行わないと痛みが増大してしまうので、中々面倒なものがあります。
痛みの対策は主にストレッチと湿布、またたまに肘を使うことがあれば、アイシングを試して行って、何とか止めるようにしています。食事は特に気をつけてはいませんが無意識に添加物であったり、前よりもお菓子やジュース、ジャンクフードは買わなくなり、代わりに野菜や栄養食品を摂取、また手間を掛けてでもきちんとご飯を炊いて、味噌汁やおかずを買ったり作ったりし、自力で出来ることを増やす努力をしております。
効果が大きく現れるというのはわかりかねますし、最近は激しい運動を行うことがないのでわかりません。ただ、たまに運動をし、肘に負担がかかるようなことが起きても、一番痛かったときは腕全体にそれがあり動かすのが無理だったにも関わらず、現在は、少し痛む程度で済んでいます。費用は食費を抑えられているので、肘の痛みのおかげで逆に節約が出来ています。 

1日62円から始められる!市販薬での関節痛の治療!
初回大幅割引の関節痛の薬はコチラ!⇒関節痛の薬ランキング!