右の臀部から足先まで、特に太もも裏側の痛みと足先のしびれ

たかさん50代 主婦
右の臀部から足先まで、特に太もも裏側の痛みと足先のしびれ
朝起きたときは痛みがあまりありませんが、動き出すと痛みができてきます。特に痛いのは右足の太ももの裏側で、常につねられたような痛み、棒状の物を押し付けられているような痛みがあります。また、常に足先にしびれを感じるときもあります。ひどいときには、まっすぐの姿勢で立てず、腰を曲げて、杖をついて歩いたこともありました。
麻酔科に通院し、原因を突き止めました。原因は、椎間板ヘルニアで、手術までするほどではないということなので、今は投薬と張り薬を処方していもらっています。自分では、体を冷やさないようにしています。朝起きたらまず厚手の靴下をはき、背中にホッカイロを張ります。日中、痛みがひどいときは無理をせずにすぐ横になるようにしています。私は、眠ると痛みが改善されるので、昼寝をよくしています。また、長時間歩くときはコルセットをしています。お風呂では、入浴剤(バブ)を入れて、体を洗う時にスクワットをしています。寝るときは、横向きで、体を丸め、両足の間に座布団を入れて寝るとよく眠れます。
11月くらいから痛みがひどくなり、12月がピークでしたが、最近はよくなってきたので、効果はあったのだと思います。費用は投薬、バブくらいの出費なので、月2000円くらいです。ただ、通院しているので、場合によっては、MRIを撮ったり必要な検査に出費があると思います。痛みが出始めたときに買ったコルセットは2種類。一つは病院で買った2000円くらいのもの、もう一つはバンテリンの物で、1500円くらいだったと思います。 

1日62円から始められる!市販薬での関節痛の治療!
初回大幅割引の関節痛の薬はコチラ!⇒関節痛の薬ランキング!

恥骨部から鼠蹊部、臀部の方の方から太もも裏へ鈍痛がする。

さや29歳 主婦
恥骨部から鼠蹊部、臀部の方の方から太もも裏へ鈍痛がする。
恥骨部から両鼠蹊部にかかる痛み。始めは産後の恥骨部痛かと思ったが、どんどん鼠蹊部へ酷い時は座っていても寝ていても鈍痛がする。また寒いと余計に痛む。始めは産後の恥骨部痛かと思ったが、どんどん痛みの幅が増えおかしいと思った。現在は前の鼠蹊部と臀部側の下の方も痛むようになり、前後で痛い。足元の痛みは今はでていない
整形外科へ通院している。原因は負荷のかけすぎなのだが、元々脚の形が悪いのと扁平足なのも影響しているようなので、そくていばんと呼ばれる医療器具を作ってもらい、両足につけている。また、足裏の筋肉バランスを戻すため、リハビリとして、タオルを足の指だけで、たくしよせる練習もしている。そして、筋肉が硬くなっているので、柔軟もしている。
まだ始めたばかりなのでいまいち効果を実感できていない。少しずつ脚の形を整え、体のバランスを整えるので時間がかかりそうです。(医師には半年かかると言われました。)費用としては、通院に毎回2000円程。買った装具が高く4万2000円ぐらいです。ですが、こちらは後ほど3万円程返金してもらえます。(保険適用されるので、3割負担なのです。) 

1日62円から始められる!市販薬での関節痛の治療!
初回大幅割引の関節痛の薬はコチラ!⇒関節痛の薬ランキング!